10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
冒険日記第6章〜夜の庭は俺の庭〜

こんにちは!カヲルです!


今回は、前の章で予告したとおり、 タリーB1アイランドにあるダンジョン「夜の庭(難)」にやってまいりました。


理由は簡単です。レア武器がほしいから!!!


ってなわけで、さっそくダンジョンに侵入したわけですが、しょっぱなからかなり入り組んだダンジョンになっております。

たぶん知らなきゃ迷うなこれwwww 

俺は最初、難易度普通でクリアしていたから、なんなく通れましたが。正直はじめてきたときは何回ふりだしに戻されたことか・・・・・・


まぁ過去の回想は置いといて、とりあえずもう知っている道なのでどんどん進んでいきました。

今回はギルド内で一番レベルの高いkirarukuに同行してもらったので、簡単に進むことができましたねぇ〜〜。いやぁ〜心強い! つっても俺とたいしてレベルはかわらないんですがwww


なんだかんだで、途中の試練をパッパとクリアしボス戦へ!

俺とkirarukuの二人で行ったので、多少手こずったものの、とりあえず撃破!!





さっそく宝箱を調べると・・・・・・・うぅ〜〜ん残念。俺お目当ての武器じゃなかった。















フッ・・・・わかってたさ。なにも一発で出るなんて甘い考えはもっちゃいない!! これからこれから!!


それから同じダンジョンを繰り返すこと数時間。











全く出ないんですけどwwwwwwwww









どういうこと!? もう何回このダンジョンやったとおもってんの??ww え? このゲームって物欲センサープログラムでも入ってるの??www


ってぐらい全く出ない。本当にでない。あぁ〜〜〜出ないさ!!


まさかここまで手こずるとは思わなかった。もうあれだよね。これだけ同じダンジョン繰り返してるとさすがに飽きてくるよね。もう完全にステージ暗記しちゃったわwwww 夜の庭は俺の庭って感じです。

まぁおかげでレベル22になっちゃいましたけどねwwwww


ってかレベルより武器が欲しい!! 同情するなら武器をくれ!!


なかば本当にあきらめかけました。もうリボルバーもってるし、最悪しばらくリボルバーで進んじゃってもいいかなぁ〜〜と思ってきたんですが・・・・・


でも・・・・ここまできてやめたら、なんか負けた気分になる!! って思いません? 思うよね?w

そういうことで、kirarukuには悪いがもうしばらく俺につきあってもらうぜ! って言ったら快くOKしてくれました。

あぁ〜〜〜お前は何ていいヤツなんだ。

っと少し感動しながらダンジョン攻略をつづけることに。しかし、時間はもう深夜の1時をまわっていたので、今日は次が最後ということになりました。まぁ俺もそろそろ疲れてきたし、このダンジョンも飽きてきたのでそれで決まりました。


ラストか・・・・ってかいい加減マジで出てくれよぉ〜〜〜〜俺もう泣きそうなんだから・・・・・・


若干弱気になりながらサクサクとダンジョンを進め、ついにボス戦。ラストバトル!!


さぁ〜〜かかってこい!! こっちはお目当ての武器がでなくてイライラしてんだ。もう二度と俺を見たくないってぐらいボコボコにしてやるぜ!!

っとかなり気合を入れたおかげで、物の数分で決着がつきました。

そして現れる宝箱。これで出なかったらまた明日へ持ち越し。それだけはどうにかさけたい。

頼む!! 出てくれ!!!!!!














出たぁぁぁあああああああああ!!!!!




やりました!!! ついに出ましたよはい!!! ようやくゲットしました「名射手のライフル」!!(出た時あまりにも興奮してSSとるのわすれたので、アイテムボックスにあるのを撮りました)


いやぁ〜〜〜苦労した。本当に苦労した。


やっと君に会えたよ。これからは一緒に旅をしようね!!!


っというわけで無事にレア武器である「名射手のライフル」を手に入れることができました!


今回の冒険は以上です!


それではまた次の機会にお会いしましょう! さようなら!!



 

sカヲルs | ゲーム | 01:26 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
冒険日記第5章〜レジャー施設に住む悪魔〜

 



こんにちは!カヲルです!

今回はプチポチパークにやってまいりました!!!

まぁ冒険というよりはちょっとした息抜きですなwww


ギルメンがここで遊んでいるということで、俺もつれてってもらったわけですよ!

ミノスアイランドから空飛ぶ船に乗り数秒、ついたわけですが、なんか心躍るようなステージですね。さしずめ某夢の国をほうふつとさせるような感じです。


さっそくいろんな店をまわり存分に堪能しいたところ、ギルメンからチャットが


「右のほうに行こうぜwww」


ん?? なにかあるのか?? 


なにはともあれ行ってみることに。すると・・・・・・



サファリパークというエリアにきました。ほほぉ〜〜〜面白そうじゃないか!!!


もしかしてかわゆい動物たちと触れ合えるのかな? っと期待しつつエリアを散策してみると・・・・・









はっはっはぁ〜〜〜〜wwwww 冗談きついぜ兄貴wwwww


こいつは動物じゃなくて植物だwwwwwwwwww


なんだよこいつ!! 全然かわいくねぇ〜じゃねぇか! 俺のトキメキを返せばかやろう!!


っとちょっとムカついたので一発かましてやることに。


くらえレーザービーム!!!!






うん・・・・・・わかってたよ・・・・・当たらないことぐらい・・・・・・


しかし、ここで引いたのでは男がすたる! 無理だとわかっていても挑むのが男!


意地がるんだよぉ!!男の子にはなぁ!!!!!


俺はあきらめずスキルを連発! 


miss miss miss miss


まだまだぁ!!


660








ごめんなさい。命だけは勘弁してください。

やっぱなんだかんだ言っても、無理なものは無理だよな。しかし・・・まさちょっと触っただけで600以上もライフを持って行くなんて・・・・・・

こいつらと戦うにはまだ10年早かったみたいだ。

でも覚えてろよ! いつか絶対ぶったおしてやるからな!

と、固く心に誓った夜でした。


あぁ〜〜ちょっと短かったかな? まぁ次回は夜の庭(難しい)でレア武器探しをしたいと思っているので、そのことについて書こうかな。

ではまた次回会いましょう!さようなら!!
























sカヲルs | ゲーム | 04:23 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
冒険日記第4章〜夢の詰まった宝箱〜





どうも!カヲルです!


今回はとある情報(wiki)で、 リブラアイランドにあるダンジョン「オオハシの洞窟」を難易度「難しい」でボスを倒すと、レア武器が手に入るということでさっそくいってみることに!!


しかも!なんと今回はギルメンで唯一回復魔法を使えるケットさんも同行してくれるというではありませんか!! これは心強い!


そんなこんなでさっそくダンジョンに侵入!


最初のエリアはただピンク色の丸っこいモンスターがいるだけで、なにもありません。


フッ・・・余裕だぜ!

とりあえずレーザーやらぶっぱなしまくり、全滅させることに成功!


難なく次のエリアに進むことができた。


さて、次はどんなところかな? マップを見る限り、とくに変わった様子もなく、一直線に右にいけば次のエリアにいけるようだ。まぁなんか卵がいっぱい置いてあるが、背景だろう。

ってことで俺とケットさんはそそくさと次のエリアに移動すべく、途中のにいるグレーのオオハシさんをけちらしながら進んでいくと・・・・・・ん??

なにやらエリア移動するワープゾーンの前に扉があるぞ?

調べてみると、どうやら鍵が必要らしい。


味なマネをしてくれる!!


ってかカギってどこにあるの??ww


そういやこのエリアの入り口付近にNPCがつったってたな。よし、そいつに聞いてみよう。


「ここのどこかに鍵が隠されてます。それをさがしてください」(あいまいだがこんな感じのこと言ってた)


いや・・・・・どこにあるか教えろよwwwww


まぁいいか。ってことで自分たちで鍵を探すことに。つってもなぁ〜〜〜隠すような場所あるか?


あ、そういや背景のあの卵。あやしいな。

とりあえず卵を調べることに

なにもでない・・・・・・やはり背景か? いや、みるからにあやしいだろこの卵。こうなったら一発でっかいの武器込んでやるぜ!

さっそく卵にむかってレーザー乱射。すると、ビシビシっと亀裂がはいったではないか!そうか、卵の中にかくしてるんだな?

それから俺たちは、どうやって割れていない卵の中に鍵を隠したのだろうかという小さい疑問を抱きながら、片っぱいから卵を割っていくことに。

そうして4つぐらい卵を破壊したところで、ようやく鍵を発見!

それからすぐに鍵を使い扉を開け次のエリアへ!


お? どうやら3つ目のエリアにはモンスターがいなようだ。しかし、なにやら怪しいスイッチがある。まぁこういうのはだいたい近くにいるNPCに要相談だ。

「太陽の絵が描いてある場所は右のスイッチ。木の絵が描いてある場所は左のスイッチをおしてください」


ほうほう、そうとわかれば話は早い!すぐさまスチッチを押すと・・・・・お!ワープしたwww


そうやって進んでいくわけか。簡単だなwww

しかしここで一つの問題が発生した。途中までは順調だったんだが・・・・・・・・・・


目の前には3つのスイッチ。太陽の絵も木の絵も描かれていない。


どうすんだよこれwwwwww 3つのパターンなんてきいてねぇぞwwww


もうこうなりゃカンでいくしかない! 俺は右利きなので、右のスイッチを押すことに・・・・・・・・・



 ふりだしに戻されたwwww


再度チャレンジ! ってかよく考えたら今まで左右しかなかったのにここにきて真ん中に出現したよな? だったらそれが正解じゃね? ってことで真ん中のスイッチを押すことに。


すると、こんどは戻ることなく進むことができた。


ここからはいままで通り進んでいき、気づけば次のエリアへ。


ここはぁ〜〜〜またスイッチか。しかし今回は一つの場所に一つのスイッチしかないから楽勝でした。まぁ邪魔するために紫色の丸っこいモンスターがいたが、こいつらは結構弱いのであまり邪魔にならないようだ。


どんどんスイッチを押していき、ワープゾーンに到着! 次のエリアへ!


お? なんだ? ところどころ爆発おこしてるぞ??


まぁ約束通り近くにたNPCに話してみることに。


ふむふむ。どうやらここがラストエリアみたいだな。

先にあるヘンテコな機械をとめりゃいいわけね。任せとけ!!


さっそくそのヘンテコな機械を調べてみることに。すると・・・・・・・・・


機械の中から大量のモンスター出現!!しかも一匹オオハシさんに乗った丸っこいモンスターがいる! こいつが親玉か!!


ソッコーでぶっ飛ばしてやるぜ!っと意気込んだのもつかの間、ダメージが半端ない。一発で100以上もっていかれる。


なんとかケットさんの回復魔法で体力を保ち、俺はひたすらレーザーやらを乱射。ぶっちゃけテクニックもクソもなく、ごり押しで戦っていたのだが・・・・・・・


「あ、死んじゃったww」

途中で俺の命綱ともよべるケットさんが天に召されてしまった。どうすんだよww 俺一人でやれってかww 俺のライフは残り400。相手のライフは70%。


あれ?? これやばくね??

正直相手のライフがパーセント表記なのがきになるが、70%ということはたぶんまだ元気なのだろう。

このままでは殺される! すかさず隙をみつけチャットへ書き込む。


「頼む!! できるだけ早く戻ってきてくれ!!」

そこから俺はひたすら逃げながら、少ない隙をみつけ1発〜2発撃ち込むの繰り返し。これでも俺のライフはみるみる減っていく。

回復薬ものこり少ない。

あ・・・・終わったかもしれん。なかばあきらめかけたその時


 +440




ギリギリのところで駆けつけてくれたケットさんにより、なんとか命をつなぐことができた俺。よし! いっきに決めてやるぜ!

そこからまたごり押し戦法を使い、どんどん相手のライフを削り、どうにか討伐することに成功!!


すかさずボスが落とした宝箱をチェックすると・・・・・


おおおお!!!


リボルバー  ゲット!!

やりました! ついに念願のレア武器「リボルバー」をゲットしました!

いやぁ〜苦労した甲斐がありましたよ!

それにしてもケットさんにはお世話になったなぁ〜〜〜今度なんかお礼をしなくてわww



今回の冒険はこんな感じですw

SSはボスを倒した時のとリボルバーを映したものです!

それではまた次の機会にお会いしましょう!!

















sカヲルs | ゲーム | 01:12 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
冒険日記第3章〜無限の彼方へ〜

 



こんにちは!カヲルです!

やりました! ついにきましたよ!! 


レベル20!! & 飛行スキル!!

いやぁ〜〜〜苦労したなぁ〜〜〜。

最初の方はギルドマーク作成のために金集めをしてて、その過程でかってにレベルもあがってったんですが、目標の50金を手に入れてしまった瞬間いっきにモチベーションがさがってしまって・・・・><

まぁそんなことグダグダいっててもレベルは上がらないので、とりあえずリブラアイランドのクエストをひたすらやりました。

やれオオハシを55匹殺してこい、やれアイテムをとってこいだのとやっていたわけですが・・・・・正直「この手紙を〜〜に渡してきてくれないか?」的なクエスト


前にも話しましたが・・・・・・・・・・・



そのぐらい自分でやれwwww


まぁ文句いってばかりもいられないので、しかたなくもう頼まれるまま片っぱしからクエストやってきましたよ!

おかげでリブラアイランドのマップ全部まわりました! 私はあそこが好きです、処理場系のエリア!

あそこにいる機械のオオハシさんはかわいいですねw 私オオハシさん大好きなんですよw
いまのところモンスターの中で一番好きですね、オオハシさん!

なんか人の苗字みたいだし大橋さんって。

ってか、レベル20になったのはいいんだけど、これからどうしよぉ〜〜〜〜。またひたすらクエストやらなければいけないのかな? 

さすがにクエスト→クエスト→クエストってのも飽きてくるよなぁ〜。

まぁそこらへんはウィキをみていい狩り場探してこもるとしますかね!!



今回のSSは飛行スキル発動時のものです!嬉しくてついとっちゃいましたw

それではまた次回お会いしましょう!


sカヲルs | ゲーム | 20:39 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
冒険日記第2.5章〜小さな悩み〜
背景 
こんにちは!カヲルです!

今回は2.5章ということで、簡単に言えば番外編ですw

以前の日記で書いたとおり、私は「MeltyKiss」とうギルドのマスターをやってます。つい先日立ち上げたんですが、その直後私には新たなる目標がありました。それは・・・・・・・



ギルドマークの作成!!!



やはりギルドをつくったからには、それを代表するマーク、エンブレムが必要でしょう!! ですよね?w


ってなわけでさっそくマークを作成しようとしたところ・・・・・・・



「マークを作成するには50金が必要です」


なん・・・・・だと・・・・・? 50金?? 


いやいやwwww 今さっきギルドたちあげるのに20金使ってもうスッカラカンですよ!


それでなにか!? マークつくるのに50金? ギルド二つつくれるじゃねぇかwwww

しかし、どうしもあきらめきれない私。されど私の持ち金は43銀15銅。


よし・・・・・・・ためるか!!!!!


そういうわけで私はタリーB1アイランドの右端の方にある小さな音楽隊の洞窟3にこもり、ひたすらアイテムを集めました。

私がただ無心で出てくるモンスターをバッサバッサ倒していると、ギルメンからチャット!!

「ギルドマークつくるんだろ? 俺が10金かせいでやるよwwwww」


お前・・・・・・・お前ってやつはぁぁぁぁああああ!!  

ちょっと感動する私

しかし、正直私が好きでやっていることなので、メンバーからお金を集めるようなことはしたくなかったんです。

それなので私は「いいってw 自分の金ぐらい自分のために使えよw」と言いました。

すると今度は他のメンバーが

「私もギルドのためにないかしたい」

お前ら・・・・・・お前らぁあああああああああああ!!

ってな感じになりまして、結局私が10金 メンバー1が10金 メンバー2が5金 メンバー3が5金ってかんじで集めることになりました!
(もともと私のバンクに20金ありました)

それからまたひたすら狩り続け、ようやく・・・・ようやく50金を集めることに成功しました!

いやぁ〜〜がんばった!みんな本当によく頑張った!
 
ありがとう!!!

そしてさっそく
ミノスアイランドへ行きギルドマークを作ることに・・・・作ることに・・


やばい! 種類が多くてどれにしていいか迷っちゃう!!!

そこで今回のSSはマークの一覧を張ります!

これがいいんじゃね? これかわいくない? みたいなのあったら遠慮なくコメください!

それではまた次回お会いしましょう!
sカヲルs | ゲーム | 19:19 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
冒険日記第2章〜深海のお姫様〜
 



はいこんにちは!

前回は第1章っということで、かるくプロフィールみたいな感じになりましたが、今回からはちょっと冒険日記っぽく書いていこうと思います!

ってなわけで、今日はビキウィニーアイランドというところに行ってまいりました。名前の通り、海に関する生物のモンスターが多かったですね。

たつのおとしご、マンボー、イカなどなど、様々なモンスターがいてすごい楽しいワールドでした!

さらに、このワールドは広い!いやぁ〜〜広い!!全部のエリアにいくのに苦労したぁ〜〜


なんとかがんばって全エリアまわったんですが、死んだねぇ〜〜ものすごい死んだよ。


ちょっと遠くにいくだけで、レベル60やら80やらのモンスターがうじゃうじゃいまして、彼らにみ見つからないように、攻撃されないようにエリアを進むのは、さながらイライラ棒をしているようでした(笑


ただやっぱり海のステージなだけあって背景がきれいですねぇ〜〜

まぁそんな感じで凶悪なモンスターにおびえ、綺麗な背景にいやされながらどんどん進んでいきますと・・・・・・・・・・




なんと! なんと!! 人魚を発見しました!!



ってなわけでさっそく話をかけてみることに



人魚「昔はこの海もこんなに恐い場所じゃなかったんですよ」(記憶があいまいですが、たしかこんな感じでした)



いやいやいやいやwwwwwwww 俺がここにくるまでに何回死んだと思ってんだwwwwww


一歩外にでたらレベル80オーバーの化け物がうじゃうじゃしてんぞwww

そもそもこんなひどい状況になるまでよくほっておいたな姫様よ!あんた掃除できないタイプだろ!


ってか俺もよくレベル16でここまでこれたな。自分で自分をほめてあげたいですッ!

まぁせっかくなので、人魚姫様と一緒に記念写真をとって、俺は外にいるレベル80の凶悪モンスターに瞬殺され無事(?)町に戻ることができました!デスルーラー(笑

今回の冒険はこんな感じです!なんがグダグダですみません!

たぶんこれから先の日記も、まったりグダグダな感じになると思いますが、それはまぁ〜・・・・仕様ということで勘弁してやってください!

あ、記念写真はっときますのでよかったら見てって!

ではまた次の機会にお会いしましょう!
sカヲルs | ゲーム | 04:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
冒険日記第1章〜始まり〜






こんにちは!sカヲルsです!

これからテンビというオンラインゲームの冒険日記をつけていこうと思います!

公式サイトに「冒険メモ」というのがあり、そこでも日記のようなものをつけられるのですが、そこだと100字以内で書かないといけないので、だったらブログでも作ってみるか! ってな感じで書き始めました!

ってなわけで、さっそく書いていきましょう!

とりあえず私のキャラ「sカヲルs」のステータスやらを書いていきたいと思います!

種族:アンドラス(シューティングマシン)

LV 16

力  40

敏捷 67

体力 37

知能 18

知恵 22





まぁこんな感じです。ステ振りは敏捷極振りなので、かなりかたよった感じになっちゃってますね(笑

まだ始めたばかりなので、レベルは相当低いです。早く強くなりたいなぁ〜〜。

そうそう! 昨日ようやくギルドを作ることができましたよはい!!名前は「MeltyKiss」です!

この名前は仲間が決めてくれたのですが、どうやらお菓子の名前からとったみたいですね。個人的にはかなり気に入っています!

ギルメンは今私を含めて4人います。最近はほとんどこのメンバーで狩りをしてますねぇ〜〜〜

一人の時はただひたすらクエストをこなしています。それにしても、いろんなクエストがあるんですねぇ〜。たまに「そんぐらい自分でやれよ・・・」って思っちゃうようなクエストもあったり(笑

まぁレベル上げのためだ!がんばろう!って無理やりモチベーションをあげて頑張っているわけですが、なかなかレベルが上がらない!!

カッコイイロボットに憧れてアンドにしたのに、このぶんだとカッコイイ機体に乗れるようになるのはまだまだ先の話だなぁ〜〜〜(涙

しかし、嘆いてばかりでは始まらない!! 頑張ってビシビシとレベルを上げていかなくては!

ってかわけで、次回からもっと冒険日記らしいものを書いてい行きたいと思うので、よろしくお願いします!!


ps.ちゃっかりギルメンなんか募集したりしちゃってます(笑




sカヲルs | ゲーム | 17:46 | comments(13) | trackbacks(0) | pookmark |
2/2PAGES | << |