08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 冒険日記第11章〜LOVE & PEACE〜 | top | 冒険日記第13章〜涙の卒業式〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
冒険日記第12章〜海賊王への挑戦〜
 



はいどうも! おはようございます。こんにちいは。今晩は。初めての方は初めまして! カヲルです。



ヨ〜〜〜ホ〜〜〜ヨ〜〜〜ホ〜〜〜♪♪ ってことで今回はIDキャプテンジャックの飛行船にいってまいりました!!



もちろん今回も師匠とその奥さんに付き添ってもらいましたともよ。&ギルメンの鳩先輩も一緒だぜwwww だって一人じゃ勝てないもんww


ん?寄生?? なにそれ食えるの?wwwwwwwww


冗談はさておき、さっそくダンジョンに入って・・・・・・・・とその前に、恒例の入口前でハイ!チ〜ズ!












無事撮影も終わったところで、さぁ参りましょう!!



















さて、なにをしたらいいんだ??wwww


最初のエリアはひたすら横に長いエリア。そこには海賊っぽい帽子をかぶったピンクの丸いモンスターがいるが、どうやらこいつらは攻撃してこないみたい。


まぁ師匠たちは無抵抗なモンスターをバンバン殺戮しながら進んでいくわけだがwww


とりあえず師匠たちについていくことにしました! 師匠たちはなにやらレバーを引いて下に続く扉をあけてますねぇ〜〜〜。

必死で働いている師匠を、俺はぼんやりと眺めていました。


さぁ〜〜俺のために働くのだ!!


ごめんなさい。冗談です。


そして師匠たちがあけた扉に入ると・・・・・・・・・・


















ほぉ〜〜どうやら貨物室のようなところにきたな。話を聞くと、そこにある海賊団の荷物をぶっ壊して、紙やら表紙やらを集めて名簿をつくるらしい。



何に使うんだよw 


NPCの話全く聞いてなかったからわからないぜwwwww


とりあえず言われたまま名簿を作成するため、必要なアイテムを集めることに。


サクサクと荷物を壊していくと、なんと中からは紙でも表紙でもなく、何やら機械に乗ったネコさんが現れました。


まぁかわゆいwwwwwww


と油断していると、めっちゃ銃を撃ってきます。それはもうバンバン撃ってきます。


くっそ。かわゆいからって調子に乗りやがって! 


ってことで反撃するんですが、か・・・・・・・・・・・・・硬い。なかなか倒せない。


機械に乗ったネコに苦戦していると、横から巨大な光の波動が俺の横をかすめ、そのままネコへと直撃! ネコ秒殺!


こ・・・・この光は。


師匠!!!!!!


さすがですね。こいつらも一発で撃破してしまうとは。


どうやら俺がネコ相手に苦戦している間に、俺のぶんのアイテムも全部集まったんだとか。



俺なんもしてねぇなwwwwww



まぁいいかw ってことで名簿を作成しNPCに渡しました。



↓↓コイツですw コイツに渡すんです↓↓









すると強制的に次のエリアに飛ばされました。



さて、次はいったいなにをするのかな??












ムカツク顔してんなお前wwwwww








っと心で思いつつ話をかけると、どうもコイツが次のエリアに続く扉の鍵をもっているようだ。



そうか、じゃあ選べ。


俺に鍵を渡すか、俺の食材になるか。さぁ、どっちがいい!!!!!!!!!!



え?チキンを持ってこい?


くそ。まったく俺の話きいてねぇなおい。仕方ない。貴様を殺してカギをもらうとしよう!


くらえ! マルチショット!!!




ってな感じで遊んでいたのですが、いい加減遊び過ぎてると師匠たちに怒られそうなので、素直にチキンを集めることにしました。



どうせこのエリアにいるモンスターが落とすんだろ? よっしゃ! ちゃっちゃと集めちゃうもんね!


お? モンスター発見!!


ボッコボコにして・・・・・・・・や・・・・・・・・・












か・・・・・・・かわゆいwwww




は!? だ・・・・だまされるな!! 前のエリアでも同じことがあったじゃないか!!



俺は心を鬼にして、自慢の弾丸をぶち込むこのに。


やっぱり硬ぇぇ〜〜〜〜〜wwwww 全然ダメージあたえられねぇわwwww


しかたない。コイツはどうにか俺が殺して、あとは師匠たちに任せよう!


テラ他力本願wwwwwwwwww



まぁどうにかこの目の前の一匹は倒すことができました。すると、なんだこれ? ピンク色の箱? 拾ってみると、これはランチボックスみたいですね。


チキンじゃねぇっと思ったのですが、アイテムボックスを見ると、どうやらこのランチボックスの中にまたなにかアイテムが入っているらしい。


もちろん開けます!









おおおおw チキンが入ってたwwww ちかもこれ食えるじゃんwww



まぁあれだよね。どうせ俺がこの一個を食べたところで、もう師匠たちなんて簡単に集めちゃうよね。





ごめんなさい。食べましたwwwww だってうまそうなんだもんwwwwww




案の定師匠たちはソッコーでチキンをたくさん集めてくれたので、難なく鍵をゲットしてました。



ありがとう!ご馳走様!!



よし! 次だ次!!


鍵を開け、次のエリアに進むと、そこにはなにやら巨大なマスィーンとNPCが一人立っていました。


もうNPCに話読むの面倒だから師匠に聞いちゃおw


師匠によると、このマスィーンを調べると、カードキーが出てくるので、そのカードキーを使ってNPCにワープさせてもらうらしい。

そんで、そのエリアにいるボスを倒して、鍵をぶんどってくるんだとか。
















カードキーの種類は4つ。つまり一人一匹づつボスを倒さないといけないわけか。




フフフ。ようやく私が役に立てる時が来たようだ。気合が入るぜ。



俺は近くにあるマスィーンを調べ、カードキーをゲット。どうやら俺の相手はローラというボスらしい。



やってやるぜwwwww




カードキーを持った俺はNPCに話、ローラの部屋へとワープ。



レバー式の扉が二つあり、その合間合間に雑魚モンスターがいたので、軽く蹴散らしなが進むと















あなたがローラか。思いっきりシルヴァですね。



まぁいいだろう! 相手になってやるぜ!!


すかさず俺は右手に握りしめたライフルをローラに向け、引き金を引いた。しかし、俺の攻撃ではなかなか致命傷はあたえられない。


そこでローラは俺に向かって強力な魔法を発射。それをもろに受けてしまった俺はいっきにライフをもっていかれてしまった。


なかなかやるじゃねぇか。


こなったら俺の本気をみせてやるぜ!!!


いくぞ!「クリティカルアップ」!!!!!



赤いオーラが俺を包む。見てろよローラ! そこから俺はひたすら銃を乱射しまくる。当たる攻撃がほぼすべてクリティカルなので、みるみるローラのライフは減っていく。


そしてついに激闘のすえ、俺はローラに打ち勝つことができました。




ふぅ〜〜気にするなローラ。お前が弱いわけじゃない。俺が強かっただけだwwwwwww



うっはwwwwww 俺調子乗りすぎwwwwwwwwww



やべぇ〜〜こんなこと書いてるといろんな人からコメントで叩かれそうで怖いですwww


だが自重はしないwwwwwwwwwwww


とりあえずローラが落とした鍵をぶんどり、前のエリアにもどることに。

そこにはすでに師匠たちの姿があった。はやいなぁ〜〜〜www

まぁこれで全部そろったわけだし、次のエリアへいきますか!

っとその時、師匠からチャットに書き込みが。


「あ、次ボスだから死なないようにねwwww」



おぉ〜〜〜〜ついにボス戦か。ぶっちゃけまったく死ぬ気がしません。なぜなら俺が死ぬより先に師匠たちがボスを殺すと確信しているからwwwww




で、次のエリアにいってみると


















貴方と・・・・・・・・・・合体したいッ!!!








なんとそこには、船と同化してしまった船長の姿がありました。アクエリ〇ンもビックリするぐらいの合体っぷりです。


ってかいいのかこれwwww 船長が船の一部になっちゃってるけどwwwwwww もう本体は船だよねww





まぁバカなこといってないでさっさと戦いますかwwww どうせすることないだろうけどw



バネを使い、船長の前にある足場に移動して、4人で一斉攻撃をしかけます。


なんということでしょう〜〜〜〜先ほどまであんなに存在感を出していたジャック船長が、一瞬にして遺体へと早変わり。



劇的ビフォーアフターwwwwwwwwwwwwww



さすがにもう慣れたけどね。師匠とはもう28lvぐらいの時からの付き合いだもの。


あまりにもあっけなかったので、ちょっと師匠から教えてもらったジャック船長との戦いかたを書きますね。


どうやら、ちょっとすると船長はこっちの足場に炎をつけるらしいです。で、その炎には3種類ありまして、上の方にレバーがあるから、炎と同じ色のレバーを引くと炎が消えるみたいです。


このとき、レバーを引いて炎を消すと、一定時間動けなくなるので注意。


あとは隙を見つけバシバシ攻撃。


以上です!


師匠といったらそのクダリは一切ありませんでした。


っとまぁ〜こんな感じで、難なくキャプテンジャックを海の藻屑にしてきたわけです!


いつかこいつも師匠の手をかりずに自分の力で倒してみたいものですね。


まぁまだ先は長いな。


がんばってレベルをあげなければ。



しっかしこれからまたしばらくメイド狩りだろ? いい加減飽きるってwwww



せめて背景だけでも毎回かわればいいのにw


っと最後は愚痴になってしまいましたが、今日の冒険は以上です!

それではまた次回お会いしましょう!



さようなら!!!!









sカヲルs | ゲーム | 00:44 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 00:44 | - | - | pookmark |
Comment
キャプテンジャックの敵
案外硬かったでしょw
自分もいまだに硬くて苦戦
してるんだよね^^;
体力振りだし仕方ないかw
炎が出てても消したら捕まえられる
からもう食らっても
我慢、我慢、
みたいにやってますねw

posted by キャプテンジャックお疲れ〜 ,2009/05/22 9:39 PM

今回は師匠がいかたらよかったですが、この前友達といったら普通にぶっ殺されましたww


やっぱまだまだつらいwww

posted by sカヲルs ,2009/05/23 1:04 AM

カヲル喜怒哀楽が激しいなww
俺も早く追いついて、
一緒に狩りてぇわw

あ、ブログ再開してみた!
URLを勝手に貼り〜・・・

posted by きらるく ,2009/05/23 4:29 AM

題名通りですw
今度キャプテンジャックでも他
でも何でもいいから一緒にやろ〜

posted by ningen1 ,2009/05/23 12:24 PM

すげ〜面白かったでぇ〜〜^^

posted by EMIENM ,2009/05/30 10:41 PM










Trackback
URL: